株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

日経225先物取引とは?

日経225先物取引とは、先物取引の一種で、ある商品を未来の決められた日に、現時点で取り決めた価格にて取引する行為を指します。

先の物を取引するので予約取引になります。

日経平均株価を対象とした株価指数先物取引が日経225先物取引で、証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで取引を行います。

株式投資の信用取引と似た制度になりますが、信用取引が証拠金の約3倍の金額の取引でするのに対し、日経225先物取引においては証拠金に対して数十倍の取引でするようになっています。

日経平均株価指数を売買する取引で、仮に日経平均が10000円だったとして、日経平均を決められた日に10000円で一枚買う予約をするとします。

そうすると、決められた日に日経平均が11000円に上がっていたとすると、1000円分得したことになります。

逆に9000円に下がっていたとすると、1000円分の損になるというわけです。

日経225先物取引の最低取引単位は、日経平均株価指数の1000倍なになるので、1枚買った場合、1000円上がると100万円の利益になります。

しかし1000円下がると100万円損になるので、ハイリスクハイリターンです。

株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

© 2014 じんじんショッピング rss